杖道(じょうどう)の特徴

杖道(じょうどう)の特徴

杖道は形武道ですから、剣道のように打ち合うことはありません。

木刀と杖との決められた形の反復練習し、「心技体」を養います。

杖道は武術の粋が取り入れられていると言われています。

古歌に「突かば槍、払えば薙刀、持たば太刀、杖はかくも外れざりけり」とある通り、 打つときは刀となり、突くときは槍となり、払うときは薙刀となり千変万化の動きを特色としています。

その理合は剣道に通じるところが多いと言われています。

この修業を積めば、4尺2寸1分の杖が自分の手足の如くに操作し、相手におおじて、 千変万化し偉大なる効果を発揮します。

同時に、日本古来の歴史的伝統を持ち、また形武道であるため、自分の身体の調子に合わせ老若男女を問わず、 体育的運動の能力を発揮し、円満なる人格形成上、重要は役割を持っています。

杖は、樫の丸木で作られ、いたって平凡に見えますが、あらゆる面の応用価値があり、 すなわち大衆的武道ともいわれる所以がここにあります。
<<杖道からの武道入門へ

©2007 杖道からの武道入門
All Right Recerved.